会社概要

社是

より良い環境創造のために、専門的立場でサポート

ごあいさつ

社長

代表取締役浜田康雄

当社は昭和53年5月に創立してから40年間に渡り、環境分析全般の業務を通して環境保全に努めてまいりました。創立当時は、工場、ビルからの燃焼排気ガス中に含まれるばいじん、硫黄酸化物、窒素酸化物や工場排水中の有害物質等が問題になっていましたが、その後大都市における自動車排ガスによる大気汚染、一般家庭からの生活排水による水質汚濁並びに河川・湖沼等の富栄養化、廃棄物のリサイクルなど、都市・生活型公害の影響が大きくなりました。

近年では平成9年環境影響評価法(環境アセスメント法)が制定され、平成17年には石綿による健康被害が社会問題となりました。これらの環境調査に対する社会的ニーズは拡大しています。環境への負荷の少ない持続的発展が可能な社会の実現には、地域的、問題対処型の法的枠組みだけでは不十分であり、総合的・計画的な法的枠組みとともに、社会全体の環境監視及び環境保全が不可欠であるといえます。

当社は、環境調査の専門機関として今日に至っております。近年は内分泌攪乱物質等、極微量物質の分析ニーズが増加し、益々その高度な分析技術や精度管理が求められるようになりました。今後も環境調査の多様なニーズの変化にフレキシブルに対応し、そのニーズにお応えしてまいります。

社是 『より良い環境創造のために、専門的立場でサポート』を組織目的として、お客様に満足していただける信頼性の高い試験活動を行い、専門的サポートを通じて社会に貢献をしてまいりたいと思っております。今後とも上総環境調査センターをよろしくお願いいたします。

会社概要

代表者 代表取締役 浜田 康雄
設立 昭和53年5月23日
資本金 1000万円
年間売上高 7億4300万円(平成28年9月期実績)
従業員数 77名(男性49名、女性28名)
本社/技術センター 千葉県木更津市潮見2-12
分析センター 千葉県木更津市潮見4-16-2
東京営業所 東京都中央区京橋3-3-4 森ビル3階

沿革

昭和53年5月 株式会社上総環境調査センター創業
昭和54年6月 東京営業所を吉祥寺に開設
昭和59年5月 木更津市潮見本社 新社屋完成
平成2年10月 本社増築
平成3年6月 東京事務所(葛西)開設
平成7年5月 ダイオキシン類分析棟完成
平成17年7月 東京営業所を千代田区水道橋へ移転
平成18年5月 中部事業所を静岡市に開設
平成19年5月 東京営業所を中央区京橋に移転
平成19年12月 太陽光発電設備を導入
平成20年3月 関連会社上総パレス株式会社を設立
平成24年12月 太陽光発電設備を増設
平成26年4月 本社/技術センター移転

加盟団体

  • (一社)日本環境測定分析協会
  • (公社)日本作業環境測定協会
  • (公社)におい・かおり環境協会
  • (一財)全国給水衛生検査協会
  • 千葉県環境計量協会

技術スタッフ

  • ■技術士(建設環境部門) 1名
  • ■環境計量士 12名
  • ■作業環境測定士 18名
  • ■公害防止管理者(水質1種、大気1種、ダイオキシン類、騒音・振動) 20名
  • ■土壌汚染調査技術管理者 4名
  • ■環境測定分析士 16名
  • ■臭気判定士 5名
  • ■放射線取扱主任者(1,2種) 2名
  • ■特定毒物研究者 1名

主要設備

  • ■高分解能二重収束型質量分析計(HRGC/HRMS)
  • ■ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)
  • ■キャニスター分析装置(クリーニング装置・GC/MS)
  • ■液体クロマトグラフ質量分析計(LC/MS/MS)
  • ■ICP質量分析計(ICP/MS)
  • ■高速液体クロマトグラフ(HPLC)
  • ■ガスクロマトグラフ(FID、FPD、ECD等)
  • ■イオンクロマトグラフ(IC)
  • ■原子吸光光度計(フレーム、フレームレス)
  • ■ICP発光分光分析装置(ICP)
  • ■高分解能X線回析装置(高速検出システム)
  • ■蛍光X線分析装置(EDX、WDX)
  • ■物性評価(引火点、流動点、硫黄分)
  • ■走査形電子顕微鏡(SEM-EDX)
  • ■位相差偏光顕微鏡
  • ■紫外可視吸光光度計
  • ■濁色度計
  • ■流れ分析計(T-N、T-P、シアン、F、フェノール)
  • ■カールフィッシャー水分測定装置
  • ■全有機体炭素測定装置
  • ■フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)
  • ■ゲルマニウム半導体検出器
  • ■環境大気自動計測機(SOx、NOx、HC、SPM)
  • ■上層気象観測装置
  • ■気象観測用機器(風向風速計、放射収支、温湿度計)
  • ■騒音計・振動計・周波数分析器・低周波分析計
  • ■煙道用排ガス分析装置 ほか
太陽光

分析センターに導入されている「太陽光発電システム」

太陽光02

登録

計量証明事業所 濃度 第527号
騒音レベル 千葉県知事登録 第541号
振動加速度レベル 千葉県知事登録 第599号
■認定特定計量証明事業者 独立行政法人製品評価技術基盤機構 認定番号N-0077-01
■特定計量証明事業所(ダイオキシン類) 千葉県 特第012号
■環境省土壌汚染調査指定機関 指定番号 2003-3-1052
■作業環境測定機関 千葉県労働基準局 第12-6号
■水質検査登録機関(水道法第20条第3項) 厚生労働省登録番号142号
■建築物 飲料水水質検査業(登録) 千葉県君保24水 第1号
■建築物 空気環境測定業(登録) 千葉県君保24空 第2号
■地下タンク等定期点検事業者 認定 第12011号
■第2種臭気測定認定事業所 におい・かおり環境協会 登録第287(03)号
■温泉成分分析機関登録 千葉県登録第2号
■建設コンサルタント登録(建設環境部門) 建27第009651号
■環境省ダイオキシン類請負調査受注資格 平成29年度~平成31年度

環境保護方針

私たちが生きる現代文明は「化石燃料文明」あるいは「鉄の文明」ともいうことができます。
粉じんや有害ガスの発生、二酸化炭素による地球温暖化等、決してクリーン文明とはいえず、調和と発展が共存する持続可能な文明とはい
えません。 当社は環境保全の一役を担う環境計量証明事業者として、 微力ながら環境への負荷を軽減するように努めています。
現在は、太陽エネルギーを電気に変換する太陽光発電システムを導入しています。

ISO 17025

組織図

組織図