提供サービス 放射能測定

放射能測定

平成23年3月11日に発生した東日本大震災に伴う原子力発電所の事故により、平成24年1月1日に放射性物質汚染対処特措法が施行されました。
当社でも地域貢献として各種測定器を揃え放射能測定の対応をしています。

放射線量測定

放射線量測定

放射線量測定

NaIシンチレーションサーベイメーターにより、放射線量測定を行います。

持ち運びが可能なため現場で放射能の測定が可能です。また、短時間で多検体の放射能測定に向いています。
「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」(平成14年3月 厚生労働省)に基づいた測定と環境レベルの空間γ線線量率(測定範囲はバックグランドレベルから30μSv/hまで)の測定ができます。

放射性核種分析

ゲルマニウム半導体検出器により、放射性核種の同定・定量を行います。

本方法では、ゲルマニウム半導体検出器を装備した放射能測定装置で核種分析を行い、測定試料中に含まれる放射性ヨウ素および放射性セシウムの同定(区別)とその放射線量の測定を行います。
本測定は、【「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」(平成14年3月) 厚生労働省】および【「ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー」(平成4年改訂) 文部科学省】に準拠して行います。

放射性核種分析

放射性核種分析